会員登録/修正

会員の方は下記よりお進み下さい

   ログイン画面
  • ポイント確認
  • 注文履歴
  •    メールが届かない
     

    カテゴリー

    2021年 06月
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30    
    今日
    出荷休止日
    2021年 07月
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    出荷休止日
     
    〜新茶の季節到来〜

    弊社で取扱う「お茶」を栽培されている、自然農法農家の一人である静岡県藤枝市の岸さんを訪問させて頂きました。

    静岡県・藤枝市の市街地から瀬戸川沿いを上流へ進み、険しい坂道を上り、山中に入った開けた場所にお茶畑はありました。

    廻りには慣行農法の茶畑もなく、空気は澄み切り、鶯の鳴き声がこだまする心が洗われる場所です。





    昭和63年から自然農法・お茶栽培をはじめた岸さんですが、ある年にお茶の天敵である、赤ダニが大量発生し茶葉が壊滅的な被害に合いました。

    その時、岸さんの師匠でもある製茶会社の社長(現在)の祖父に「茶葉が全滅したら、生活出来なくなってしまうから農薬を撒いても良いよ」と言われたそうです。

    しかしながら、岸さんには自然農法への確固たるこだわりがあったので、結局農薬を撒きませんでした。

    もうだめかもしれないと諦めかけたその時、赤ダニの天敵でもある「蜘蛛」や「蜂」等の益虫が大量発生し、赤ダニをやっつけてくれ、その年も無事にお茶が収穫できたと言うエピソードを聞かせて頂きました。




    そんな自然農法への熱いこだわりのある岸さん、お茶の新芽を赤ちゃんの手を扱うように、慎重且つ愛情を持って接しているそうです。

    訪問させて頂いた日も、伸び始めた茶葉の新芽を、まるでわが子を思う親のように優しい眼差しで見つめておられました。


     
    是非、そんな愛情たっぷりの新茶をご堪能ください。

    お茶はただ喉を潤すだけではなく、感謝の気持ちを養い、家族との団らんの時間を作ります。

    忙しい日常の中ですが、急須で入れるお茶の時間をぜひ作って頂きたいです。



     
     
    岸さんからのメッセージ (動画が再生されます) 



    ※自然農法生産農家は数件おられます。
    ご紹介の岸さんを含め、複数の生産農家の茶葉が混載製茶されております。

    ページトップへ