新規登録で500ポイント進呈!

会員登録/修正

会員の方は下記よりお進み下さい

   ログイン画面
  • ポイント確認
  • 注文履歴
  •    メールが届かない
     

    カテゴリー

    css mouse over
    2022年 07月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    今日
    出荷休止日
    2022年 08月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
     
     
    「大自然のいのち」Web会員限定

    「初めてだから試してみたい」そんな声にお答えします。
    お買い物購入画面で下記クーポンコードをご入力いただきますと、下記対象商品から1,000円引きさせていただきます。
    ※ 自動継続ではありませんのでご了承ください。
     
    お試しクーポン

    【 cp2s3et9 】

    対象商品

    すこやか野菜セット
    ラージバスケット(平均11品目)
    (4〜5人家族でおよそ4日分)
    通常価格3,600円(送料込)
    お試しクーポン使用で 2,600円(送料込)

    すこやか野菜セット
    スモールバスケット(平均8品目)
    (2〜3人家族でおよそ4日分)
    価格 2,983円(送料込)
    お試しクーポン使用で 1,983円(送料込)

    ※ お一人様1回のみのご使用になります。
    ※ Web会員様限定になりますので、登録がまだの方は新規会員登録(入会金・年会費無料)をお願いします。
         
     
    わたしたちの身体を作る食べ物。できるかぎり安心・安全な食材を使いたいものです。
    野菜は家庭菜園で育てることができたら理想的ですね。
     
    全国約50軒の生産者が、自然農法、有機栽培で手間を惜しまず心を込めて野菜を育てます。
    それらの野菜をみなさまにお届けするのが「大自然のいのち」の野菜セットです。
     私たちが契約をしている農家さんは全国で50軒以上。
    親子二代のおつきあいも珍しくありません。
     安心でおいしい野菜を望むお客様は、食事療法にたどり着いた人。
    野菜本来の味が食べたい人など様々ですが、農家さんを応援したいというみなさんばかりです。
     
    3つの安心をお届けします
    安心・安全なお野菜

    自然農法、有機農法、農薬・化学肥料不使用と栽培方法にこだわり、皆様の健康のため安心・安全なお野菜をお届けします。


     
    生産者が分かる安心

    契約農家を中心に野菜セットを出荷いたしております。
    栽培方法を含め、生産者のまごころをお届けします。


     
    ご自宅まで届く安心

    「買い物に行っても重たい荷物はちょっと・・・。」
    「高齢でなかなか買い物に出かけられない。」
    そんな声にお答えして、宅配でご自宅にお届けします。

    【野菜セットの内容】

    ジャガイモ・玉ねぎ・人参など、野菜の基本の根菜類はセットのベースとして入ってます。
    ほうれん草・小松菜などの葉菜類、ナスやキュウリなどの果菜類など旬の野菜がセットされます。
    また、みかん、りんごなど、季節によって果物が入ることもあります。
     

    すこやか野菜セット
    ラージバスケット(平均11品目)
    (4〜5人家族でおよそ4日分)
    価格 3,600円(送料込)

    すこやか野菜セット
    スモールバスケット(平均8品目)
    (2〜3人家族でおよそ4日分)
    価格 2,983円(送料込)

    すこやか野菜セット隔週(2回分)
    ラージバスケット(平均11品目)
    (4〜5人家族でおよそ4日分)
    価格 6,378円(送料込)
    (1セット当たり3,189円(送料込))

    すこやか野菜セット隔週(2回分)
    スモールバスケット(平均8品目)
    (2〜3人家族でおよそ4日分)
    価格 5,142円(送料込)
    (1セット当たり2,571円(送料込))

    すこやか野菜セット毎週(4回分)
    ラージバスケット(平均11品目)
    (4〜5人家族でおよそ4日分)
    価格 11,932円(送料込)
    (1セット当たり2,983円(送料込))

    すこやか野菜セット毎週(4回分)
    スモールバスケット(平均8品目)
    (2〜3人家族でおよそ4日分)
    価格 9,464円(送料込)
    (1セット当たり2,366円(送料込))

       

    命の宿った野菜は元気いっぱい 野菜の元気をあなたの元気に
    ほんの一部の生産者のご紹介

    ※ 天候・出荷時期により、下記の生産者・品目が必ずセットに入るものではありませんのでご了承ください。

    農業にのめり込んだ34歳。

    夏だいこん

    北海道 
    福尾 拓 さん

     

    就農7年目、34歳と農家としては大変若い福尾さん。
    札幌から車で1時間くらいの新篠津という場所で有機農法に挑戦しています。福尾さんは学生の頃に青年海外協力隊に参加した経験があり、開発途上国での農業支援などから、農業に興味を持つようになりました。
    高校卒業後、有機農業関連の会社に勤め、27歳の時に一念発起 独立しました。
    当初はアブラムシやヨトウムシの被害や、草取り作業に大変苦労しましたが、続けていくうちに固かった土も柔らかくなり、緑肥などの効果もあって条件の良い土に変わってゆきました。
    ある年、有機認証の検査員に「仕事柄あちこち検査してるけど、あなたの大根が一番おいしかった」と言われたときは、言葉に言い表せない感動を覚えたといいます。
    土にまみれながら、夢と希望にあふれる福尾さんを私たちは応援しています。



    夏 だいこん
    出荷時期 7月中旬〜9月中旬
     
    しっかりと身の詰まった福尾さんの夏だいこんは、サラダでも煮ても美味しい万能野菜。
    僅かな辛味もあるので、すりおろして使って夏らしい辛さの薬味にもなります。

    やっぱりこの人も探求者
    茄子
    千葉県八街市

    内貴 光男さん

    千葉県八街市は農地面積が広く、昔からスイカや落花生の栽培が盛んな地域。内貴さんの有機畑も農地と民家が点在する広い平面地にあります。
    内貴さんが有機農法を始められたのは2000年頃。元々ご両親の農作業は手伝っていましたが、専業になると同時に農薬や化学肥料に頼らない作り方に切り替えました。
    元々農作業が好きだった内貴さんは、いつも新しい作物に挑戦しています。
    スイカやトマト、ザーサイやキウイまで「まずはやってみよう」と好奇心旺盛で、なんだかいつも楽しそうです。

     



    ナス
    出荷時期 7月上旬〜8月下旬頃
     
    千両2号という品種の茄子、国内では最もポピュラーな茄子です。皮が柔らかく歯切れも良く、身の部分は加熱することで調味料によく馴染みとろとろ食感に。浅漬けにすると驚くほど水分がでてきます。
    内貴さんの茄子は火の通りが早く柔らかいので加熱のし過ぎには注意。

    ちょうど良いを知る
    たまねぎ

    栃木県芳賀町

    綱川 稔 さん
    出荷時期 5月〜6月頃


     

    栃木県芳賀町の綱川さんはお父さんの代から続く自然農法60年を超える大ベテランで関東ではトップクラスにファンの多い農家さんです。
    60年以上自然農法の畑では、ボカシなどの植物性資材も使わず、緑肥のみをバランスよく撒いて、土の中の見えない微生物の生態系を整えています。この土の状態を「ちょうど良い状態」と知り、保持する事が大切といいます。
    例えば、善玉と呼ばれるような菌や、害虫を捕食してくれる益虫は、畑の中にたくさんいるほうが良いように思いますが「畑にとって良い菌も悪い菌も、益虫、害虫も偏ってはいけないと感じます。どちらも多すぎても少なすぎてもダメなんです。ちょうど良いのが良いんです。」と教えてくれました。




    たまねぎ
    奥州たまねぎという品種で、食感が良く加熱すると強い甘みが引き出されます。
    綱川さの奥州たまねぎはあまり大きくなりませんが、しっかりと身が引き締まっていて、旨味が凝縮しているのでどんな料理にもよく合います。
     
    土は変わってしまった
     

     自然農法創始者、岡田茂吉氏が初めて提唱した1930年代。日本はまだまだ農耕民族でお百姓さんがたくさんいました。
    それでも飢饉を憂いて、より良い生産方法を求めて、国をあげて模索していました。
     もっと効率良く、たくさん収穫できるように、農業の機械化が始まり、化学肥料、農薬が魔法のように普及します。
    やがて国は、工業立国となり、農家はどんどん少なくなりました。それでも人口は増え続け、食料はもっと効率良く作らなければならなくなりました。
     それは必要に迫られた条件でした。ほとんどの田んぼ、畑で機械化はさらに進み、後に使用禁止となる農薬が大量に使われ、土も変わって行きました。その状況は、今日まで続いています。

     
    "いのち"ある土から生まれる元気
     

     しかし、その土は自然農法の考える「いのちある土」ではありません。
    農業は土作りからと言われますが、変わってしまった土を自然の土に還していくにはさらなる努力と知恵と工夫、技術が必要です。
    私たちが契約をしている農家さんは、その土地の風土と向き合い、自然の土の力を信じ、観察、「環境を整える」ための絶え間ない手立てをして作物を育てています。
    農家の皆さんは「商品付加価値を高めるため」という気持で自然農法に取り組んでいるのではありません。
     自らが想い信じる安心でうまい野菜を一人でも多くの人に食べていただきたいという気持ちです。
     いのちの元気が詰まった野菜。ありがとうございます。

    ページトップへ